• iTwin开发者认证课程 (BDN Only)

    为了帮助全球BDN合作伙伴进一步了解iTwin平台技术细节、利用iTwin平台为自身业务赋能,我们为此推出了“iTwin开发者认证课程”,来自于中国区Commercial BDN及SELECT BDN合作伙伴单位的开发者们均可以免费参加该认证课程 (英文),在完成全部学习内容后,可通过参与在线评测环节来获得Bentley发放的数字认证标识。

    该认证课程目前面向BDN合作伙伴单位开放,有兴趣参与该课程的开发者可发送邮件至 rick.zhai@bentley.com 来申请…

  • 3.2.10 Z-UpモデルからY-UPモデルへ変換

     
    プロダクト:
    STAAD.Pro
     
    バージョン:
    All
     
    環境:
    All
     
    Original Author:
    Khanh N. Hoang
    1. 必要な環境
    STAAD.Pro CONNECT Edition
    2. Z-UpモデルからY-UPモデルへ変換
    「ユーティリティ」タブから「コマンドファイル」を選択し、Editorを起動する。

    「置換」ボタンをクリックし、「検索と置換」ダイアログを起動する…
  • 【发帖指南】新用户看过来(最后更新时间:2022-01-24)

    为了能更快地答复大家的问题,请尽量遵从如下规则发帖:

    1、由于本二次开发论坛覆盖多个产品及版本和多种开发语言,所以,希望在帖子前用如下类似前缀表明这些内容:

    [MSCE C++]、[MSCE C#]、[MSCE VBA]、[MSV8i C++]、[MSV8i C#]、[MSV8i VBA]、[OBDCE C++]、[ORD C++]、[PSCE C#]、[PW C++]等等。

    2、不要将所有内容写入标题中,标题最好言简意赅,问题详细内容写入标题下的描述栏(Description)中。

    3、由于论坛不是即时通讯…

  • RE: STL形式にバッチ変換できない?問題について

    以下の様なキー入力マクロをテキストファイルで作成します。

    choose all
    mdl keyin stlio stl export file D:\Temp_Work\tst3d01.stl
    xy=,,,1
    choose none

    キー入力ダイアログより、アットマークをつけフルパスでファイル名を入れます。
    @D:\D_Data\Users\Tabata\stlKeyin.txt

    (スペース文字は入れないでください。入力が分割されて処理されません)

  • 05 コネクトライセンス FAQ

    1.Bentley IMSとは?
    IMSはIdentity Management Systemの略語で、ユーザのアイデンティティ管理システムです。
    このID管理システムはベントレーのすべてのリソースをアクセスするための認証を提供しています。
    管理者はユーザーごとにアカウントを新規登録することができます。全てのユーザーは各自のBentley IMSアカウントを使ってサインインした後に、ベントレーの各種サービスをアクセスできます。例えば、
    ライセンス認証、ソフトウェアダウンロード、Be-Communitiesサイト及びBentley…

  • 任意空間モデルの図面化(参照ファイル) その3 保存ビューによる図面作成

      プロダクト: MicroStation
      バージョン: N/A
      環境: N/A
      エリア: 参照ファイル
      サブエリア: N/A

    任意の向きの空間上にあるモデルを図面化する方法についてご説明をさせて頂きます。
    その3として、保存ビューを使用し、シートモデル上にモデルを参照アタッチします。アタッチした参照モデルを移動します。

    1. シートモデルを作成


    2. 図枠DGNファイルを参照アタッチ
    3. 保存ビューを参照アタッチ


    4. 参照ファイルの配置位置をアキュド…

  • 任意空間モデルの図面化 その1 ビュー制御

      プロダクト: MicroStation
      バージョン: V8i, CE
      環境: N/A
      エリア: ビュー
      サブエリア: N/A

    任意の向きの空間上にあるモデルを図面化する方法についてご説明をさせて頂きます。
    その1として、2軸指定でのビュー制御する手順をビデオで説明します。
    ビューの回転コマンドを選択し、3点 をコマンドダイアログより選択します。
    軸の原点となる点、X軸の点、Y軸の点を順番に指定すると、ビューに対して平行にモデルが回転します。。

    Click here to play this video

    ビュー制御バー…

  • 00 Bentley ユーザー登録の手順

      プロダクト: CONNECTION Client
      バージョン: All
      環境: N/A
      エリア: Access
      サブエリア: N/A

    ここでは、Bentley製品を使用する為のユーザー登録方法とパスワード設定について説明しています。製品をインストールされたPCからソフトウェアを起動した時にユーザーID(メールアドレス)とパスワードのサインインをCONNECTION Clientに求められます。このサインインが製品の使用認証となります。

    ユーザー管理…

  • 二次开发常见问题解答

    【问1】、MicroStation软件支持哪几种二次开发语言?
    【答】、主要有三种:MicroStation VBA(简称MVBA)、Addin(基于C#语言或其它的.NET开发语言)和MDL(基于C/C++)。这三种开发手段由易到难,功能则是由弱到强。开发MVBA仅需具有MicroStation软件即可;开发Addin除了MicroStation软件外还需要安装相应版本的Visual Studio软件;开发MDL除了MicroStation软件、相应版本的Visual Studio软件外还需要相应版本的MicroStation…

  • RE: ABD中扫描创建实体不能创建

    经过分析(在Mstn CE中新增命令Modeler Debug Body Convert)可知,您这个Profile中含有overlap(即某个部分有重叠)。如下图所示:

    放大后的情况如下:

    这个Profile(断面)要求非常严格,需要①不能有自交;②不能有覆盖;③必须在一个平面内;④还不能太大(边长不能超过1km)等等。

  • 本地*.imodel文件如何导入ipad并用Navigator Mobile打开并查看

    1任何基于MS平台的产品都可以点击File下拉菜单,选择发布Publish i-model...选项

    2在弹出的发布设置选项中勾选Create an i-model(.imodel)file选项

    3把iPad连接到本机并启动iTunes程序,在iTunes中选择Navigator程序,把上一步发布的*.imodel文件添加文件...到iPad中即可

    4在iPad上打开Navigator,选择On Device选项

    5在本地中可以看到已上传成功的*.imodel文件,点击打开即可

  • 将一个平面移动到与一条曲线端点切线垂直的位置

    在三维绘图中经常会遇到要将一个平面元素(比如一个界面图形Profile)移动到一个路径元素的端点并使平面与路径元素端点的切线方向相垂直。MicroStation提供有现成的这样一个工具可方便实现该功能。如下图是原始图:

    找到Align 3D工具,将Method设置到Plane to Curve。

    选取这个面元素的中心点(可通过将捕捉方式设置为Center来实现),再点取曲线的端点并接受就能到达如下图所示的结果:

  • RE: 怎么实现模型文字?

    俺老孙来也 said:

    在microstation中,如何实现模型文字的效果,就是一个带有厚度的文字的效果。

    1、在3D模型中写一个TrueType或空心的文字;
    2、Drop Text将其炸开;
    3、用Create region工具将每个炸开的文字构造成一个封闭的面;
    4、用拉伸面工具拉伸成三维文字。效果如下:
  • RE: 精确绘图

    已经解决了。上面的画面中,上下两部分的单选钮均选择第1个选项。功能键Fn的状态同时按Fn和Esc进行切换。当功能键Fn灯亮时,MS的F11键精确绘图功能就可以了。
  • 以原图形显示失去关联的标注和图案化元素

    在MicroStation中存在着一些有相互关系的元素,比如标注时打开Association(关联)开关则标注元素会随着被标注元素的改变而自动改变,再比如图案化一个封闭区域时勾选关联开关也能造成修改封闭边界时图案都是自动填充的。但当被关联的元素被删除后,这些标注和图案化元素就会以虚线方式显示。如下图所示,左侧是正常的图形,右侧是失去关联的标注和图案化。

    在某些情况下,用户可能就是想以正常的方式来显示失去关联的这些元素。那可以到“Workspace(工作空间) > Preferences…